オーディションで自分の才能を開花させよう|タレント花道

スクールで勉強できる内容は様々な種類がある

想像だけに留まらない

机上の学習よりもシュミレーション形式で

営業マンは、企業にとって事業を展開上で最も重要な役割の一つです。営業マンの成績いかんで、会社の業績の良し悪しが決まる業界もあります。したがって、営業マンの営業研修はどの企業も力を入れています。大きく分けて社内で行う営業研修と社外で行う営業研修があります。 社内で行う営業研修は、取引先情報の共有など、話を聞く受け身の研修が中心です。営業とはといった概論から、取引先の特徴や、ターゲット部署、キーマンのこだわりといった情報を、先輩方から聞き、その情報をもとに営業をするということになります。 社外で行う営業研修は、実際の営業先での立ち回りなど、様々なシチュエーションにおけるロールプレイを繰り返し行う、能動的な研修が中心です。実際の営業に役立つということで、近年は、社外の営業研修に力を入れる企業が増えています。

社外の営業研修の依頼先

社内の営業研修は、企業の人事部、営業部が中心となり、トレーナーを選出するのが一般的です。この研修は、営業マンは必ず受講しなければならず、勤務時間内に設定されるのがほとんどです。 社外の営業研修は、社会人の研修や自己啓発の事業展開をしている企業が定期的に行っています。企業の人事部などが、こういった企業を探し、研修を設定します。 1社だけで研修を行う場合もありますが、応募のあったいろいろな企業の営業マンを組み合わせて研修を行うことも少なくありません。 同じ会社で研修を行った場合、気心が知れているため、ロールプレイを行う際に、緊張感が欠如するといった問題があるからです。また、他社の営業マンの組み合わせは、ライバル心をあおり、切磋琢磨することによって営業研修の成果が出やすいためです。